ブログトップ

Eriha Hatakeyama Official Blog

eriha.exblog.jp

新年度

新年度がスタートして、早1ヶ月が過ぎようとしています。



3月の下旬から、4月の初旬までの間は、すごくバタバタして、本当にキツかったです。



...。



とは言え、バタバタしていないときなんて、正直皆無なのですが、この時期は、特にバタバタで。



当然のことながら、Violinを「弾いているときだけ」や「教えているときだけ」が仕事ではなく。



それ以外の部分の、目に見えていない部分の仕事が、どれだけあるかって話をここでしても仕方がないのですが、とにかくやる事が、作業がいっぱいあって。



そして、新年度の新しいスケジュールを組むことにも、結構な時間がかかります。



私、本当によくやったなって。



ちょっと振り返っただけで、ほんのほんのちょっと振り返っただけで、涙がとまらなくなる。



どんなときでも前を向いて、そして、目標に向かって歩み続ける事、努力をし続ける事って、簡単な事ではなくて。



私自身も、それが難しいときが、正直いっぱいあって。



なかなかできない事です。



本当に、みんな頑張っていて、凄いなって思います。



d0183102_10110881.png



こんやは、母校である、常盤木学園高等学校の音楽科生によるコンサート「未来への翼」があります。



このコンサートに、ソロで出演するためには、オーディションに合格しなければなりません。



そして裏方の仕事も、そのほとんどを音楽科生達が行うという、伝統あるコンサートです。



最後には、音楽科の生徒全員による合唱も。



これも毎回お決まりです。



●日時→2017年4月28日(金)



●開演→18:30



●場所→イズミティ21小ホール



●入場→500円



d0183102_06311056.jpg


皆さま、ぜひ。169.png

[PR]
# by eriha_strings | 2017-04-28 13:10 | DIARY | Comments(0)

STERN(第2回)

少し時間が経ってしまいましたが、先月末のお話。110.png


2016年度、年度末の最後の日曜日は、私の門下生の発表会の日だったんです。


第2回畠山絵利羽門下生発表会。162.png


昨年、初めて開催したときのことを、このBlogに書いておりますが、チェックされていない方のために、もう1度。


私の発表会のタイトル「STERN」は、ドイツ語で「星」という意味です。173.png


みんなが、ひとつひとつ輝く「星」。


希望の「星」です。


私もそうなりたいなって。


そういう想いが込められています。


ことしは、仙台が誇る武将、伊達政宗公の、生誕450年という記念すべき年とのことで、私「縁のある、秋保温泉で開催してみるのも良いかも。」と思ってしまったんですね。


それが全ての始まりでして。105.png


普通、発表会というとやはりホールですとか、ピアノが置いてある少し広めのレストランですとか、そういう所で行うものなのですが。


私「普通が嫌いなので。」って、そういうことではなく。109.png


昨年は、ル・フランさんでやらせていただいたのですが、もう今年は、そちらには入りきらないなっていう人数になったからというのが、理由のひとつでして。


とてもありがたいことです。162.png


それで、あちこち探し回ったり、交渉したりして、発表会はこちらで。


d0183102_07472375.jpg


秋保リゾートホテルクレセントさん。


とてもよくしていただいて。


d0183102_06484705.png


このような、披露宴会場の床は、じゅうたんのところが多く、じゅうたんのところは、弦楽器は特にの話、生音は吸い込まれてしまうという、そのような設計のところが多いのですが。


私自身、そのような会場で弾かせていただくことも多いのですが、音が飛ばないがために、やはりマイクを使わなければいけないことが多いのです。


しかしながら、秋保リゾートホテルクレセントさんの会場は、下見させていただいたときにとても驚いたのですが、音響が良く。


びっくりするくらいです。113.png


私「え、なんで!?なんででしょうね!?」ってホテルの方に質問ぜめしてしまっていましたもん。


天井がとても高いからなのか、わからないですが、音響がとにかく良い。


正直な話、ちょっとしたどこかのホールより良いです。102.png


発表会本番は、ちいさな生徒さんたちの、まだちいさなかわいい音も、聴こえないなんて事はなく、しっかり聴こえとても良かったです。169.png


発表会を、せっかく秋保温泉でやるのだから「おいしい御飯も食べれて...。そのあとは、温泉にも入って...。なんて、それが出来たら最高。」162.png


なんて、贅沢なことを考えていましたら、ホテルの方が、叶えてくださって。


d0183102_06193145.png


ことしの私の発表会は、門下生と門下生のご家族の皆様、そして、お客様も自由にお招きしていただいて良いことにし。


みんなで一緒に音楽を楽しみ、みんなで一緒にお食事を楽しみ、それが終わったら、温泉にも自由に入っていただいて帰っていただくという、とても充実したものになり。


とても喜んでいただけて。110.png


本当に、ホテルの方のおかげです。


d0183102_06221523.png


発表会を目前に、ちょっぴりハプニングに見舞われましたが、多くの方の協力の下、無事に開催することができましたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。


私を支えてくださっている、全ての方へ。


本当にありがとうございます。162.png

[PR]
# by eriha_strings | 2017-04-08 06:35 | DIARY | Comments(0)

再放送

新年度がスタートしましたね。179.png


お天気も、まるでそれにあわせたかのように、昨日から気温が暖かくなって。


仙台も今日は、17度まであがって、明日は、20度まであがる予報です。174.png


そう遠くはないうちに、綺麗な桜を観られることでしょう。


さて。


先日、4月1日(土)に、NHKさんの歌謡番組「北国からのコンサート2017」が再放送されておりましたが、ご覧になった方はいらっしゃるでしょうか。


山形のお客様が、すごくあたたかくて。110.png


このコンサートの最初から最後まで、とても良い雰囲気だったのですが、それが、TVからもよく伝わってきていましたよね。


それくらい良かったんです。


会場の、南陽市文化会館は、まだできたばかりの新しいホールで、木を基調としているホールですし、設計もすばらしくて、音響が最高で。


もちろん、PAさんも素晴らしく、全てが良くて、とても気持ちが良かったです。


三山ひろしさんの、けん玉のパフォーマンス、素晴らしかったですよね。166.png


テツandトモさんとのコラボは見もので、リハの時も成功、本番は、リハよりも更に更に凄いパフォーマンスをされていて、しかも大成功!!!!


さすがだなぁって。


それから、歌手の皆さんによるお芝居も、おもしろい内容で。114.png


私、リハの時も、本番の時も、ステージ上で、笑いをこらえきれなくて、遠慮なく笑ってしまっています。


そして。


天童よしみさんの「珍島物語」。


美川憲一さんの「生きる」。


もう素晴らしすぎて。


全てがとけあって、まざりあって、ひとつになって。


私、涙を流しながら、弾いていたくらいだもの。


もし、見逃された方がいらっしゃるのなら、もう1度、ぜひ聴いていただくチャンスをつくっていただきたいなってそう思います。


そして。


このコンサートの、目玉のひとつ、花笠音頭!!!!


私は、これが1番楽しかったです。106.png


山形大学の花笠サークル「四面楚歌」の皆さんとのコラボレーション。


この「四面楚歌」の皆さんが素晴らしすぎて。


私が知っている花笠音頭じゃなかったんだもん。


これまでのイメージを、彼らが一瞬で変えてくれましたょ。


もう、とにかく、キレッキレ!!!!


リハの時から、彼らは「全力」で取り組んでいるということがよくわかるものだったんです。


そうじゃなきゃいけないのだけれどね、なかなかできないことです。


リハの時、1回踊ったあとに、私の近くにいたみんなが、汗だくになっていたくらいですょ。


それでいて、みんな礼儀正しいし本当に楽しかったです。


もう1度やりたいです。


とても素晴らしくて、楽しいコンサートに参加させていただけたことに、感謝。


関係者の皆様、本当にありがとうございます。162.png

[PR]
# by eriha_strings | 2017-04-05 02:20 | DIARY | Comments(0)

さよならは...

そして、私も、Eriha Hatakeyama Official Blogをご覧の皆様に、ご報告がございます。


この度、桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」仙台教室のアンサンブル科講師を、この3月をもって辞することとなりました事、ここにご報告させていただきます。


アンサンブル科の講師として、正式に認めていただいたのは、2007年の事。


実際には、その1年前の、2006年から関わらせていただいておりましたので、この2016年度で、まる10年になります。


この10年間、アンサンブル科のお仕事が、私の生活の、中心にあったと言っても過言ではありません。


それくらいの時間をかけてきたからです。


目に見えている部分よりも、目に見えていない部分のほうが多く、沢山、沢山、考え、悩み、動いてまいりましたその時間に、悔いはありません。


欠勤も、全国ツアーのお仕事のときとそれから大親友の結婚式のときくらいで、遅刻も、事故渋滞で遅刻したことが、1回あったくらいです。


この10年、何かあればかならず、何よりも優先させてきたつもりです。


アンサンブル科のお仕事を通して、沢山の生徒さん達に出会い、保護者の方に出会い、共に過ごしたその時間は、私にとって宝物です。


生徒さん達の笑顔に、私はどれだけ、どれだけ救われていたことでしょう。


皆さんの1度しかない人生の、その大事な1ページに、関わらせていただけた事、とても幸せです。


そして、私自身の先生であった方々その先生方の一員として、仲間に入れていただき、共にお仕事させていただけた事、とても幸せです。


アンサンブル科は、私を大きく成長させてくれたところです。


長年勤めてきたことから、離れるということは、とてもエネルギーのいることだなと今改めて思っています。


時間をかけて、自分で下した決断です。


アンサンブル科からは離れてしまいますが、これからは、別の形で関わらせていただくこともあるかもしれませんし、実技科講師としては残ります。


これからも、仙台教室を、アンサンブル科を、宜しくお願い申し上げます。


最後にもうひとつ。


先日の、桐朋学園仙台教室の演奏会。169.png


その責任者のひとりであったのにも関わらず、出席できなかった事、本当に、本当に申し訳ございません。


心よりお詫び申し上げます。


最後の最後に、このような事態に陥ってしまった事、皆さんと一緒に居られなかった事が、とても残念で、とても悲しいです。


快く、あたたかく、対応してくださった先生方に、心より、心より感謝申し上げます。


私の好きなアーティストさんの、ある曲の歌詞に、こうあります。


「さよならは、終わりじゃない」


私もそう思う...そう思うから、言わないです。


とても苦しいです。

[PR]
# by eriha_strings | 2017-03-23 23:38 | DIARY | Comments(0)

17年といえば...

先月末に、お世話になっている教室の事務を、長年にわたりつとめてきたお姉さんが、退職することになり。


d0183102_23170967.png


何年目だったのかときいたら、17年だそうです。


もう、尊敬しちゃいますよね、17年ですょ。


すごくお世話になってきたから。


とても悲しかったです。


悲しかったです。

[PR]
# by eriha_strings | 2017-03-22 22:56 | DIARY | Comments(0)