ブログトップ

Eriha Hatakeyama Official Blog

eriha.exblog.jp

特別じゃなくても...

昨日のレッスン室も、実に賑やかで...。


まだ始めたばかりの小学生の男の子。001.gif


あっと言う間に、持ち方を覚えて。


弾く姿も様になっちゃう彼。


そんな彼が「あぁ、なんか曲作りたい、曲。」


そう言って、何やら弾き出して...。


彼が「もう出来たあ。」と言いながら。


私が「え、もう出来たの?すごいね、はやいね、何ていう曲かな?」ときいたら。


彼が「りんご。」と答えたもので...。


私と彼のお母さんで大笑ぃ。


そうしたら彼が「あっ、先生、先生、もう1曲、もう1曲。」とまた新たに弾き出して。


私「こんどは何ていう曲?」と聞いたら。


彼「ゴリラ。」と答え...。


再び大笑ぃ。


笑っちゃいけないのかもしれないけれども、素直におもしろくて、楽しくて。


とても明るくて、元気いっぱいの彼。043.gif


まだ始めたばかりだけれども、音楽のことが好きなのが伝わってくるし、やる気があって、とても良いです。


子供の発想力って本当に素晴らしいですものね。


これからが楽しみです。006.gif


この日の夜に来てくれたのは、中学生の彼女。


d0183102_16190129.jpeg


以前、ご紹介したことがある、吹奏楽部に所属している彼女です。


その彼女が「先生、珍しいですね。」


私「え??なにが??」039.gif


彼女「先生の今日の服。」


私「あら、そう??珍しい??」


彼女「はぃ、珍しいです。うん...というか、紫が。」


私「紫??そう??先生、紫、普通に着るわょ??」


彼女「そうなんですか??」


私「うん、そうなんです。」とちょっとおもしろく声をはずませながら言うとお互いに笑顔になって。037.gif


私「あぁ、紫のときに、あんまり会ったことないからそう思うんじゃないかな??」


と言いながら、ふと彼女の制服のリボンの話が頭に浮かんで。


この日も彼女は、特別なときに付ける色のリボンをしていたので。


私「○○ちゃんは??特別だったの今日は...それとも普通の日??」


というのも。


実は、少し前のレッスンで、彼女の口から衝撃発言が飛び出したのです。


特別なときに付けるという、黄金色のリボン。


最近、彼女がいつもそれを付けてくるので、ずいぶん特別な日だらけなんだなと思い、聞いてみたら。


彼女「あ、これ、大体みんな付けています。」


私「ん??」


彼女「もうひとつのやつよりも、こっちのほうを付けている人のほうが多くて。」


私「ん??どういうことかな??」


もう少しわかるように、詳しく...。


私「それ、特別なときに付けるんだよね??」


とたずねたら。


彼女「普通のときでも付けていいんです。」


え!?


えぇ!?


えぇぇ!?


えぇぇぇ!?


彼女曰く、特別なときは絶対に付けなければならないのだけれども、それ以外のときでも付けることは個々の自由なのだとのお話。


なんですって!?015.gif


彼女「きっとみんな面倒だから、このままの人が多いんだと思います。」との事。


あら。


あらららら。


話が違うじゃないの。


この前の感動は、どこへやら。039.gif


そんな私の反応をみて、彼女は大笑ぃ。


そして、私も大笑ぃ。


彼女「あでも今日は特別です。終業式なので。なので絶対です。」と言うので。


私「ふ〜ん。そうなんだあ。」とちょっと不機嫌そうに答えたら。


また2人で大笑ぃ。003.gif





この日のレッスンも、こんな会話からスタート。


笑顔でいっぱいに。


幸せでいっぱいに。


それでは皆さん、すてきな3連休を。053.gif

[PR]
by eriha_strings | 2016-10-08 22:08 | DIARY | Comments(0)
<< 誕生 山形といえば... >>